日本では知られていないプリンコの雑学

オンラインで遊べる「プリンコ(plinko カジノ)」というゲームを知っていますか?プリンコはパチンコがモデルになったゲームと言われています。はっきり言ってプレイする上で覚える必要があることなど無いともいえるほど簡単なゲーム。見ただけでルールを理解できます。今回はその雑学を集めてみました。

もともとはアナログなゲーム

最近ではプリンコを知っている人も増えてきましたが、プリンコってそもそも日本ではそんなに有名なゲームではないですよね。まだ知らない人もたくさんいますし、知っている人もオンラインカジノができてそこで初めて知ったという人がほとんどでしょう。そのためプリンコはオンライン上で楽しむパチンコに似たゲームだという認識の人が多いと思いますが、実は最初はアナログゲームでした。アメリカのテレビ番組「The Price is Right」で誕生したゲームで、もともとは大きなパチンコの箱の中にプレイヤーが丸い板のようなものを入れて、箱の中の障害物とぶつかりながら最終的に一番下の金額が書かれた枠に入り賞金を獲得できるというもの。

プリンコは世界中でプレイされている

日本ではオンラインカジノが普及するまでは有名ではありませんでしたが、世界ではプリンコがテレビ番組などで利用されています。イギリス、ポルトガル、イタリア、メキシコ、インドネシア、ベトナムなど数多くの国でテレビを盛り上げるコンテンツの一つになっているようです。獲得できるものはお金とは限らず、車だったり旅行だったりすることもあるようで、各国で少しルールに違いもあるようです。

プリンコは家庭用のおもちゃとしても販売されている

プリンコはアナログのものをAmazonでも買うことができます。日本語だと検索しても出てきませんが、「Buffalo Games plinko」で検索すると出てきました。木製のもので最近のBuffalo Gamesというアメリカの会社が生産しています。昔はこれと似たようなゲームが日本でもたくさん売られていましたが、現在はもう見なくなりましたね。今はあらゆるゲームがデジタル化されオンラインで楽しむ時代になっていると言えます。

まとめ

今回はプリンコに関するネタを集めてみました。オンラインカジノ好きでは有名な話ですが、プリンコはペイアウト率が高く99%になっています(サイトによっては99%に設定されていないところもあるので注意)。リスクが少なくかつ設定などはありますが基本的には運なので初心者が試す際におすすめのゲームです。