MENU

これを15歳が書いた!?tuki.『晩餐歌』歌詞のメッセージ性や意味とは

これを15歳が書いた!?tuki.『晩餐歌』歌詞のメッセージ性や意味とは

15歳という若さで楽曲『晩餐歌』を作曲したアーティスト「tuki.」が注目を集めています。どのようにしてこの若さで深いメッセージを持つ楽曲を作り上げたのでしょうか?今回は聴く人の心を捉えるtuki.の『晩餐歌』の歌詞の中に込められたメッセージや、才能あふれるアーティストtuki.についてご紹介していきたいと思います!

目次

作曲当時15歳!?アーティストtuki.や『晩餐歌』について

若干15歳で業界を驚かせた「tuki.」は、その才能と持って生まれた感性で様々な世代の人々から支持されています。彼女の代表作『晩餐歌』について見ていきましょう。

tuki.ってどんなアーティスト?

tuki.は、力強くも憂いのある心に響く歌声が特徴のアーティストで、表向きには顔は出さないアーティストとして活動しています。音楽が大好きな彼女は自宅にあった父のギターをきっかけに音楽活動開始したそうです。その後自身の感情や周囲の環境からインスピレーションを受けながら、オリジナル楽曲を作曲するようになったようです。

『晩餐歌』ってどんな曲?

『晩餐歌』はtuki.が小学生から中学生の時に作り始めた楽曲で、彼女自身は「自信作という感覚ではなかった一曲」と語っています。楽曲は心情を率直に表現したものであり、切なさと希望を感じることができる歌詞が特徴です。また、そのメロディーは多くのリスナーの心を打ち、多くの支持を集めることに成功しました。

『晩餐歌』が生まれた背景は?

tuki.は、もともと音楽が好きで、将来も音楽に関係した仕事をしたいとぼんやり感じていたようですが、父親から「人生は3万日しかない」という言葉を聞き、自身の時間の使い方を見つめ直すきっかけになり、この言葉が彼女に大きな影響を与え、『晩餐歌』が生まれるきっかけとなったようです。

また、この楽曲の生まれた背景には、日々の生活の中で感じたさまざまな感情や出来事が色濃く反映されており、多くのリスナーに響く楽曲となっています。

tuki.の『晩餐歌』歌詞のメッセージ性は?

tuki.の『晩餐歌』の歌詞には、聴き手によって感じるメッセージ性が異なり、聴き手のこれまでの経験や感情などに訴えかけるメッセージ性があるのではないでしょうか。特に「君を泣かすから早く忘れてほしい」という歌詞の後に「君以外会いたくないんだよね」といったような、主観の心に相反する気持ちで、葛藤する心が丁寧に描かれていて、とても15歳が書いたとは思えない歌詞ですよね。

ファンや視聴者の反応は?

『晩餐歌』に対するファンや視聴者からの反応や反響は強く、名作だとも言われているほどだそうです。楽曲のリリース後は、ネット上だけでなく、音楽番組などでも取り上げられ、様々な方面から支持や感動の声が挙がっているようです。

まとめ

いかがでしたか。tuki.が奏でる音楽は、多くの人々に影響を与え、音楽業界に新たな風を吹き込んでいるのではないでしょうか。『晩餐歌』をはじめとするtuki.の楽曲たちは、これからも多くのリスナーに愛され続けると思います!音楽情報サイトbillboard-rock.comなどでも、様々な音楽情報を載せていますので、是非チェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次