吉沢亮に山崎賢人も!マンガから飛び出してきたようなイケメン5選

元皇族の小室眞子さんの夫・小室圭さん。ニューヨーク生活を送る現在は、長髪を後ろで束ねているヘアスタイルが特徴的ですよね。その姿が、進撃の巨人に出てくるエレン・イェーガーに瓜二つだと話題になっています。小室圭 エレン説のように、まるでマンガの中から飛び出してきたかのような俳優というのは、意外と多いんです。今日は、そんな二次元イケメン俳優を5名、ご紹介していきます。

マンガから飛び出してきたようなイケメン5選!

【福士蒼汰】爽やか笑顔がたまらない!

その爽やかな笑顔で、多くの女性をイチコロにしてきた福士蒼汰さん。正統派イケメンですが、演技力にも定評があるので、どんな役にもハマってしまうところも魅力ですよね。これまで演じてきた『きょうは会社休みます。』での年下イケメンや、映画『好きっていいなよ。』『ストロボ・エッジ』でのモテキャラで、また多くのファンを増やしたことでしょう。イケメンなうえ、183cmという高身長でもある福士さんは、少女マンガの実写化でも起用されることが多いですよね。今後ますます大人の魅力を放っていくであろう、福士さんの活躍に期待が寄せられます。

【横浜流星】中性的で美しい顔立ちにため息

俳優・深田恭子さんの相手役を務めたドラマ『初めて恋をした日に読む話』で演じた、ピンク色の髪の毛が特徴的な大学生役に、ときめく女性が多数。思わず守ってあげたくなる年下男子を、瑞々しく演じていました。彫刻のように整った顔立ちとは裏腹に、トーク番組で見せる口数の少ないキャラクターとの、ギャップも素敵ですよね。

【山崎賢人】ザ・少女マンガ顔の王道イケメン

これまで、少女マンガの実写化作品でイケメン役を演じてきた山崎賢人さん。『今日、恋を始めます』『L・DK』『ヒロイン失格』『orange』『オオカミ少女と黒王子』など、チャラチャラしたイケメンキャラから正統派、そしてドSキャラまで幅広く演じてきました。もはや、少女マンガの実写化といえば山崎さんが出演していれば間違いない!といっても過言ではないくらいですよね。2014年の流行語になった「壁ドン」は、山崎さんが映画『L・DK』で披露したシーンから来ているんですよ。

【吉沢亮】モテ自覚済み!誰もが認める美形男子

自分でもそのモテっぷりを自覚しているという、飾り気のないキャラクターで人気の吉沢亮さん。吉沢さんといえば、人気マンガ『ママレード・ボーイ』の実写化作品で演じた正統派イケメンの役や、映画『あのコの、トリコ。』のマジメ男子役で、多くの女性を魅了してきました。その整った美しい顔立ちは、何をしても絵になる完成度。バラエティー番組では、変顔なども躊躇せず披露する吉沢さんですが、二次元レベルのイケメンぶりは、芸能界でもトップクラスです。吉沢亮 身長も171cmと高く、立っているだけでその場が華やかになりますね!

【佐藤健】非の打ち所なし!パーフェクトイケメン

https://twitter.com/orehousegame/status/1688886551898648576?s=20

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で演じたパーフェクトなイケメン役で、俳優としての実力やビジュアルを改めて見せつけたのが、佐藤健さんでした。顔だけでなく、気取らず社交的な性格、そして女性に対し常に一途であるその中身も、人気の秘密なのだそう!

まとめ

まるでマンガから飛び出してきたかのような、二次元イケメンたちをご紹介してきました。ただカッコいいだけではなく、その立ち振る舞いからオーラ、そして中身までもが、同じ人間とは思えないくらいの華やかさと儚さを感じさせますよね。マンガみたいということで、実際にマンガの実写化キャラクターを演じてきた人もおり、今後の出演作品や役どころにも注目が集まります。歳を重ね、よりワイルドで大人の色気をまとっていくであろう彼らから、目が離せませんね。