MENU

少女時代メンバーの人気順ランキング

少女時代

2022年8月、デビュー15周年という記念すべき日に7thフルアルバム『FOREVER1』をリリースした少女時代。脱退メンバーのジェシカを除く8人のメンバーが再集結し、ファン待望の完全体でのカムバックを果たして話題を博しています。

実に5年ぶりとなる新作にも関わらず、それぞれのマルチな活躍もあってか未だ世界的な人気が絶えない彼女たち。今回は、そんな少女時代メンバーの最新版人気ランキングを大公開しちゃいます!日本をはじめ、韓国・アメリカなど国別の人気順もご紹介するので、ぜひ気になるメンバーの順位をチェックしてみてください。

目次

少女時代メンバーの人気順ランキング!日本版

1位:ユナ

アーティスト名ユナ出身韓国・ソウル特別市
本名イム・ユナ生年月日1990年5月30日
ハングル表記임윤아身長167cm
ポジションリードダンサー、
サブボーカル
血液型B型

第1位に輝いたのは、少女時代のビジュアル担当ことユナ。韓国三大美女と呼ばれ、不動のセンターとしてデビュー当初からひと際強い存在感を放っていたメンバーです。

個人活動では、モデルや女優として幅広い活躍を見せています。俳優のチャン・グンソクと共演した韓国ドラマ『ラブレイン(2012)』では、KBS演技大賞のネチズン賞を受賞。同作は、ファンによる熱烈な要望から後に映画化されたため、彼女の映画デビューを飾る作品ともなりました。以降安定した演技力が評価され、様々なドラマや映画に出演を果たしてはヒット作を連出しています。

少女時代が所属するSMエンターテインメントには、2002年に入社。当時、ユナはまだ小学6年生でしたが、最難関と言われる土曜公開オーディションを見事勝ち抜いて練習生入りを果たしています。当時から美人すぎる練習生として有名だったそうで、同じSM所属のチャンミン(東方神起)やテミン(SHINee)をも抜群の美貌で驚かせたといいます。

メンバーにちょっかいを出したり、変顔を惜しみなく披露したりする姿からついたあだ名は、何と小学生男子。清純な雰囲気からイメージできないようなサバサバした性格で知られており、その気さくかつ素朴な魅力で男性だけでなく女性ファンの支持も多数獲得しています。センターとして多くのプレッシャーを抱える立場ながら、自分がセンターでいられるのは「メンバーが立たせてくれている」からだと謙遜する姿勢を含め、人間的に推したくなる要素が満載のメンバーです。

2位:テヨン

アーティスト名テヨン出身韓国・全羅北海全州市
本名キム・テヨン生年月日1989年3月9日
ハングル表記김태연身長158cm
ポジションメインボーカル血液型A型

第2位にランクインしたのは、少女時代のメインボーカルを担当するテヨン。その小柄な体格から、かつてはちびっ子リーダーの異名で親しまれていました。(※5年ぶりのカムバックを果たして以降、少女時代には各メンバーが月ごとに交代でリーダーを務めるシステムが導入されていますが、かつてはテヨンがリーダーでした。)韓国の大手眼鏡屋を経営する音楽好きの両親のもとに生まれ、幼少期から兄や妹と共に音楽に強い関心を抱いてきた彼女。特に歌うことが大好きだったようで、当時趣味で参加した学校の歌唱大会では見事1位に輝いています。また、その体験が歌手を目指すきっかけとなったようです。

2003年には、テヨンが憧れる女性歌手のBoAが所属するSMのアカデミーに通い始め、日々歌とダンスのレッスンに明け暮れるように。練習室を独り占めしすぎて、先輩のSUPER JUNIORメンバーと喧嘩することもあったといいます。そんな努力の甲斐あって、翌年にはSM青少年ベスト選抜大会で歌唱部門1位の称号を獲得。同時に総合大賞を受賞する偉業も成し遂げ、正式にSMへの入社を果たすことになりました。

また、テヨンといえばファンサービスが旺盛なことでも有名ですね。本来の彼女は自分の思いを伝えるのが苦手だといい、実生活では自宅に引きこもりがちなのだとか。しかし、ライブではコロコロと変わる表情で魅了したり、ファンの意見を反映したステージを見せたりと様々な方法でファンへの愛を表現してくれています。そんなプロ意識の高さゆえ、テヨン自身も周囲に愛される存在のようです。ラジオで「韓国式羊羹(パッムック)が好き」と話した時には、事務所に羊羹が沢山送られてきたといいます。

3位:ティファニー

アーティスト名ティファニー出身アメリカ合衆国・カルフォルニア州ロサンゼルス
本名ステファニー・ファン生年月日1989年8月1日
ハングル表記황미영身長163cm
ポジションリードボーカル血液型O型

第3位にランクインしたのは、韓国系アメリカ人のティファニー。ファンの間では通称「パニ」と呼ばれています。ハーフのように端正なルックスが特徴で、そのキャッチフレーズは「宝石より輝くティファニー」。まさに宝石以上の美貌を誇るメンバーです。

母国語の英語に加え、韓国語、スペイン語も使いこなすトリリンガルでもある彼女。アニメ好きが高じて日本の文化に興味を持つようになり、日本語の勉強にも熱心に取り組んでいるそうです。特に気に入っているアニメは、宮崎駿監督の『となりのトトロ』をはじめとするジブリ作品だといいます。

歌手を目指し始めたのは、ロサンゼルで開催された韓国人祭りで歌っているところをSMの関係者にスカウトされたことがきっかけでした。当初は、大学への進学を希望する父親から猛反対を受けましたが、泣きながら説得して最終的には単身での渡韓が決定。当時は韓国語を話すこともままならなかったそうですが、およそ2年7カ月の練習生生活の中で必死にレッスンを重ね、晴れて少女時代の一員としてデビューの夢を実現しました。

性格は優しく落ち着いていて、グループのお姉さん的な立ち位置を担っています。いつも笑顔で前向きに物事を捉えることができるため、他のメンバーたちの心の支えにもなっているようです。中学1年生の時に母親を亡くした過去があり、家族の話になると涙なくしてはいられない家族思いの一面も。国境を越え、言葉の壁を乗り越えて夢を叶えた苦労人でありながら、それを感じさせない元気いっぱいのステージを届けてくれるティファニーの姿に励まされているファンも多いのではないでしょうか。

4位:スヨン

アーティスト名スヨン出身韓国・京畿道広州市
本名チェ・スヨン生年月日1990年2月10日
ハングル表記최수영身長172cm
ポジションリードダンサー、サブボーカル血液型O型

第4位にランクインしたのは、少女時代で最も高い身長と長い手足を活かし、モデルとしても頭角を現すスヨン。モーニング娘。を生んだオーディション番組『ASAYAN』に出演し、日本で芸能界デビューした異色の過去を持つメンバーです。同番組には日本人・韓国人合わせて総勢15000人以上もの応募が寄せられましたが、その中を見事勝ち残って河村隆一プロデュースのアイドルグループの一員に選出。その後、グループの活動終了まで1年ほど日本でアイドル活動を行っていました。そんな経歴の持ち主ゆえ、グループ一日本語が堪能なメンバーとして有名です。

韓国に戻ってからは2度目のデビューを目指し、SMのオーディションに参加。合格通知と共に、6年3カ月に渡る長い練習生生活をスタートさせます。そして2007年、ついに少女時代として待望のデビューを実現しました。

抜群のスタイルを持ちながら、食いしん坊なことでも知られるスヨン。焼き肉屋に行けば、数人分をすぐに完食できるレベルだそうです。その食べっぷりからメンバーには「食神」と呼ばれていますが、どれだけ食べても太らない体質で外見には全く影響がないのだとか。女性ファンには羨ましい限りですね。

普段はイタズラ好きで周囲を明るく照らしてくれるイメージを持たれていますが、メンバー曰く、小学生の頃から韓国と日本を行き来していただけあってしっかり者の一面もあるようです。現在、ドラマ出演や司会業など活躍の幅をさらに広げているスヨン。今後日本でまた仕事をしてくれる機会があれば嬉しいですね!

5位:ユリ

アーティスト名ユリ出身韓国・京畿道高陽市
本名クォン・ユリ生年月日1989年12月5日
ハングル表記권유리身長167cm
ポジションメインダンサー血液型AB型

第5位にランクインしたのは、少女時代のセクシー担当と言われるユリ。身体の柔軟性を活かした、しなやかで色っぽいダンスが魅力です。ダンシングクイーンの異名を持つほどのダンススキルを誇り、グループのメインダンサーを任されています。同じくダンスが上手いと言われるメンバー、ヒョヨンからは小学生時代からライバルのように思われていたそうです。

見た目の特徴は、色黒の肌とアジアンビューティーな顔立ち。あまりの美肌から黒真珠(ブラックパール)と呼ばれており、本人もこの呼び名を気に入っている様子が伺えます。私生活では健康維持のために運動とヨガで身体を鍛え、朝食に毎日長いもを食べていることを明かしていました。

入社のきっかけとなったのは、2001年に開催されたSM主催のベスト選抜大会です。同大会のダンス部門で1位に輝いたユリは、練習生として多忙な日常を歩み始めます。その後、2007年に少女時代のメンバーに選出され、無事デビューするに至りました。最近は、ドラマ・映画への出演から音楽番組の司会まで、グループ活動以外でも幅広い活躍を見せています。

セクシーなパフォーマンスとは裏腹に、バラエティー番組などでは捨て身の芸や変顔も惜しみなく披露してくれるユリ。笑いを取るために加減の効かない下品な行動に出ることもあるため、事務所に怒られることもあったそうです。ただ、ファンやお茶の間の視聴者はそんなお茶目なところも含め、彼女の気取らない姿に魅了されています。

6位:ソヒョン

アーティスト名ソヒョン出身韓国・ソウル特別市
本名ソ・ジュヒョン生年月日1991年6月28日
ハングル表記서주현身長169cm
ポジションリードボーカル血液型A型

第6位にランクインしたのは、少女時代のマンネ(最年少)として可愛がられるソヒョン。一番年下とは思えないような大人っぽい雰囲気と、髪色の変化の少なさが特徴のメンバーです。お嬢様のような気品や礼儀も備わっており、女神と呼ばれて高い国民的人気を獲得しています。2011年には、ユニセフのソウル大使を務めて注目を集めました。

そんなソヒョンが芸能界デビューするきっかけとなったのは、SMの関係者によるスカウトだったそうです。親戚と一緒に乗っていた地下鉄を降りた際に偶然スカウトされ、両親に相談したところ、「多様な経験になる」と背中を押してくれたのだとか。そんな経緯からSMの練習生となり、およそ5年の下積みを経て少女時代メンバーとしてのデビューを実現しました。あまりの礼儀正しさから、練習生時代は模範生として名が通っていたといいます。

基本的に、何をするにもマイペースなソヒョン。デビュー当初はメンバーたちに「歯磨きに時間をかけすぎ」と言われていました。ただ、歌手としての実力は本物で歌もダンスもバランス良くこなせるため、ミュージカルやソロ活動でも頭角を現しています。また、女優業では変身の鬼才と呼ばれ、どんな役柄も繊細に演じ分けることで有名です。2022年7月から放送されている韓国ドラマ『ジンクスの恋人』は、彼女が再びイメージチェンジに成功した作品として話題を博しています。

普段おっとりしているソヒョンが、芸能界の幅広い舞台で才能を開花させる姿を見ると嬉しくなりますね。

7位:サニー

アーティスト名サニー出身アメリカ合衆国・カルフォルニア州オレンジ郡
本名イ・スンギュ生年月日1989年5月15日
ハングル表記이순규身長154cm
ポジションリードボーカル血液型B型

第7位にランクインしたのは、ティファニーと同じ韓国系アメリカ人のサニー。幼少期はクエートに住んでいましたが、湾岸戦争の勃発をきっかけに家族そろって韓国に帰国。アメリカ暮らしが短かったため、英語は話せません。また、戦争体験によるトラウマで今でも爆竹の音が苦手だそうです。運動神経の高さと身体の柔らかさが強みで、過去に出演した番組では、テーブルから転げ落ちたペンを足でキャッチする姿が話題になりました。

実の叔父がSMの創始者であるイ・スマン氏であることは、有名な話ですよね。父親も業界関係者なので、コネで入社したのではないかという噂が出回った時期もありました。しかし、実際には他のメンバー同様、2007年開催のオーディションを通じて実力で合格を掴み取っています。サニーを抜擢した審査員も、彼女がイ・スマン氏の姪である事実を把握していなかったようです。

明るく愛嬌たっぷりな性格をしていて、ムチャブリにも上手に立ち回る姿が印象的です。バラエティー番組ではカメラを独占するので、共演者に「サニーと一緒にいれば編集でカットされない」と言われるほど。それだけ視聴者を虜にする魅力に溢れているのでしょう。ぶりっ子すぎて周囲をイラつかせるキャラとも言われますが、蛇を難なく持ち上げたり、自給自足生活を送る企画に見事に順応したりとプロ根性を見せることも多く、なぜか憎めないのが彼女です。むしろ、そのたくましさにほれ込んでしまうファンが続出しています。

8位:ヒョヨン

アーティスト名ヒョヨン出身韓国・仁川広域市
本名キム・ヒョヨン生年月日1989年9月22日
ハングル表記김효연身長158cm
ポジションメインダンサー、メインラッパー、サブボーカル血液型AB型

第8位にランクインしたのは、SMお墨付きのダンススキルを誇るヒョヨン。ユリと並んでダンシングクイーンの異名で知られ、多くの楽曲でソロダンスパートを任せられています。クールな顔立ちも相まって、激しくバキバキに踊る姿には多くの女性ファンが虜にされているようです。個性的なファッションセンスの持つことから、ついた異名はファッションテロリスト。メンバーには理解できないようですが、どんな服装も纏うように着こなしてしまうのがかっこよすぎます。デビュー当初に比べ、最もあか抜けたメンバーとしても名が挙がる彼女。ますます磨きがかかる美貌から目が離せません。

ヒョヨンもまた、オーディションを通してSMに入社したメンバーです。きっかけは母親の勧めだったといい、合格後は6年1ヶ月もの練習生期間を経て念願のデビューを叶えています。練習生時代はあまりのダンスが上手さゆえ、男子ダンス部に混ざってレッスンを受けることもあったのだとか。事務所も彼女が実力を存分に発揮できるよう、全力でサポートしていたようです。知名度の高いダンススクールでの受講や有名ダンサーとの交流の機会を与えられたうえ、2005年にはBoAのシルエットを任されていました。

ルックスからのイメージ通り、愛嬌は少し苦手だといいます。本人曰く、「偽りの笑顔を作っているように感じて心が痛む」のだそう。そんなヒョヨンが時たま見せる狙わない笑顔は、見ているこちらもほっこりしてしまうほどキュート。気さくで誰とでもすぐに打ち解けられるため、多くのバラエティー番組で引っ張りだこの存在です。

海外で人気の少女時代メンバーも解説!

韓国|少女時代メンバー人気順ランキング

  • 1位:テヨン
  • 2位:ユリ
  • 3位:スヨン
  • 4位:ユナ
  • 5位:ソヒョン
  • 6位:サニー
  • 7位:ティファニー
  • 8位:ヒョヨン

アメリカ|少女時代メンバー人気順ランキング

  • 1位:ヒョヨン
  • 2位:ティファニー
  • 3位:ユリ
  • 4位:ユナ
  • 5位:ソヒョン
  • 6位:テヨン
  • 7位:サニー
  • 8位:スヨン

少女時代人気メンバーランキングまとめ!

人気ランキング日本韓国アメリカ
1位ユナテヨンヒョヨン
2位テヨンユリティファニー
3位ティファニースヨンユリ
4位スヨンユナユナ
5位ユリソヒョンソヒョン
6位ソヒョンサニーテヨン
7位サニーティファニーサニー
8位ヒョヨンヒョヨンスヨン

今回は、デビュー15周年という節目を迎えると共に久々のカムバックを果たし、世界中のファンを熱狂させている少女時代メンバーの日本・韓国・アメリカでの人気ランキングをまとめてきました。

5年の空白期間にも各方面で活躍し、マルチな才能をファンに見せ続けてくれていた彼女たち。ただやはり、完全体で集結する姿というのはファンにとって何よりも嬉しいものですね。新たにリーダーが毎月入れ替わる新制度も発表されているため、今後も引き続きグループ活動が継続されていくことに期待していましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる